オシャレな業界で働きたい人のための派遣講座

アパレル求人Net

アパレルの仕事

かっこいい女性

職業に就く場合の形態としては、正社員として就職する人も多いですが、派遣で仕事に従事する人も多く存在しています。特に、アパレル業界においては、ショップの店員を派遣で雇用しているケースも多くあります。アパレル業界において派遣社員として勤務する場合、その給与については、給与形態や派遣会社、個人の能力、地域によっても違いが見られます。そのため、具体的な数字については、詳細な条件などを設定した上で確認する必要があります。時給制だけでなく、一定の給与に歩合が付く場合などもあります。特に有名ブランドの店舗の場合には、各店舗の条件によって、給与形態が変化する事などもあります。アパレル業界のパタンナーやデザイン系の職種の場合には、専門性が高い事もありますので、時給の場合でも高めに設定されている傾向はあります。

アパレル業界の変遷としては、繊維産業が発達していった事で、アパレル業界として発展を遂げていった背景があります。洋服については、日本では暫くの間和装が主流だった事もあり、着物などを手作業で縫製していた歴史の中で、自分で縫製を行う人、縫製を行ってもらう貴族階級や身分の高い人たちに分かれていました。世界的には、18世紀に既製服の販売が始まったとされていますが、日本では、洋装のドレスなどが導入されたのは、明治期に入ってからの事になりますので、その辺りから一部の人が既製服を利用していた様です。日本では、大きな戦争を経験していますが、戦争が前後する事で、繊維業界も発展していった背景をもっています。一般の人が大量生産された既製服を利用する様になったのは、戦後暫くしてから昭和30年代に入ってからの事です。大量生産が可能になった事で、アパレル業界が更に発展する事になっていったのは間違いありません。洋服の生産方法や機械などが進化していくと共に、アパレル業界も一大産業としての地位を確立していき、現在に至っています。

↑ PAGE TOP